必要な食材を取りそろえるにはネット通販が便利

渦巻き形の線香

線香の形には様々な物があるのを知っていますか。

一般的によく使われているのはスティック形の線香です。神社やお寺そして仏壇などでもよく利用される事が多いのがこのタイプです。しかし、その他にも比較的使われる事が多いのは渦巻き形の線香です。

スティック形と比較して燃焼する時間が長いのが特徴です。

これは人が亡くなって49日間はろうそくや線香などを絶やす事なく燃やし続けないといけないと言われています。

このように燃焼時間が長い線香を利用する事で取りかえる手間を省く事ができます。

歴史に培われてきたお線香の技術

お線香は、古くから伝わる日本の伝統文化のひとつです。その起こりは6世紀に仏教が伝来したのを発端とし、それ以来、宗教的儀式には欠かせないものとなりました。さらには貴人の間でこうした香りを楽しむことが流行し、室町時代には香道として結実していったのです。

江戸時代に入ると、庶民の間でもお線香は広く使われるようになり、時計代わりとしても親しまれていました。その技術は現在においても発展を続けており、マンションなどでも使えるように、煙の少ないお線香なども開発されています。香りの歴史を知ることは、日本文化の歩みそのものを知ることなのです。

大きな違いが存在しないお香と線香

お香と線香には、使用目的や大きさ、形状などの違いから、大きな差があるのではとイメージする方も多く見受けられます。

しかし実際には、製法などにそれほど大きな違いはなく、日本国内で使用されてきた伝統的なものに加え、バリエーションの多い彩りや香りなどが取り入れられることも多くなりました。

仏事に用いられる他、海外から輸入されている物などに関しては、インテリアグッズとしても高い人気が見られます。また、匂い消しや蚊取り線香などとして使用される機会も増え、見た面も華やかでおしゃれな製品が取り扱われるようになっています。

お香と線香は燃焼時間が違います

お香は、香りを楽しむ為に開発をされた製品となります。香りを楽しむ為なので、原料に香料をブレンドしいろいろな香りを楽しむ事ができます。

香りを楽しむ為に、線状が長く、1時間以上も燃焼し続けます。部屋でリラックスしたいときに利用するのがおすすめです。一方の線香は、日本の昔からの風習で、神様にそなえるものとして使用されています。清めるという仏事的な意味がありますので、香りは弱めになっています。

そして形状も短くなっており、燃焼時間も10分程度になるように調整されています。線香とお香は使用目的が違う為に、燃焼時間にも大きな差があります。

お線香に関して

少量のオリジナルTシャツを作成をしたい企業様、高校様、格安にオリジナルTシャツ作成を詳しく知りたい方はこちらからお問い合わせください。

ちくわやお線香お香、結婚式の引き出物について興味のある方は是非サイトをご覧ください。