必要な食材を取りそろえるにはネット通販が便利

ちくわの成分

本物のちくわは、魚の身を小骨ごとすりつぶして竹を中心に巻き、それを火にあぶって作ります。ですので、本物である場合は魚丸ごとの栄養がちくわに含まれていることになります。

タンパク質やカルシウムが特に多いので、成長期の子供や、カルシウムやタンパク質が不足しがちなお年寄りにもぴったりです。

ただ市販用に大量に工場生産されているちくわは魚の身以外に、つなぎように炭水化物や添加物など、さらに糖類やアミノ酸等が味付けに使われていることが多いので、栄養分はタンパク質も含まれているものの、炭水化物のほうが多い場合があります。

時短料理に使えるちくわ

最近では時短料理に注目が集まっている様ですね。一人暮らしをしている人などで、仕事をしている人で帰宅後に料理をして夕食を取っている人などは、あまり時間的に余裕がない場合も多いでしょう。

そんな時に短時間で完成する料理の事を言います。

ちくわは、魚のすり身を使用していますので、味付けなどは特にしなくても旨味があります。

また、そのままでも食べる事ができますので加工しやすいのではないでしょうか。更に、いろんな料理にちくわを入れる事ができます。

野菜炒めなどはもちろん、野菜などの具をもっと充実させたいという時には、追加してあげるといいでしょう。

時短料理に大活躍してくれるでしょう。

食品成分表におけるちくわ

ちくわは、日本人の庶民の食卓に古くから親しまれてきた。

また、献立の副菜や、和え物炒めもの、お弁当の材料などにも欠かせないものである。食品成分表の表示によると、ちくわの100gあたりのカロリーは、約121キロカロリー、水分は69.9g、タンパク質は12.2g、脂質は2.0g、炭水化物は13.5g、灰分は2.4gで、栄養の優れた食品であることが分かる。

廃棄率は0%とゆうところに着目すると、ちくわは無駄のない食材である。

また、ちくわは、魚介のすり身などを棒に巻きつけて焼いて加工法なので、魚の骨などを気にする小さな子どもや、お年寄りも手軽に魚介の栄養を摂取することができ、大変便利な食材である。

料理で大活躍の竹輪

竹輪はお手頃な値段でどこのスーパーでも売られているため、お料理に使用されることも多いです。

もちろん単品でおやつや酒の肴として食べることも多いですが、色んな食材と相性がよく、炒飯や野菜炒めなどの炒め物や酢の物、煮物やサラダなどに使われています。弾力があり食べ応えがあるのにヘルシーで栄養満点な加工食品になるため、ダイエット食としても良いかもしれません。

最近はチーズや青のりなどが練り込まれた竹輪も販売されており、楽しむことができます。

ちくわに関して

少量のオリジナルTシャツを作成をしたい企業様、高校様、格安にオリジナルTシャツ作成を詳しく知りたい方はこちらからお問い合わせください。

ちくわやお線香お香、結婚式の引き出物について興味のある方は是非サイトをご覧ください。